日本語教師センター

用語集:
< Back

「日本語教師センター」とは、日本語教師のための研究会やイベントを開催している任意団体です。
2013年4月に「若手日本語教師の会」という名前で発足し、当時は日本語学校に勤務する若手の専任講師の集まりでした。その後、徐々に活動が広がっていき、専任講師という枠組みは外れ、非常勤講師や日本語学校以外の関係者も参加する会となりました。その結果、2017年4月に「日本語教師センター」と名前を改めました。

非営利の組織で、会費などの徴収はありません。毎回の研究会ごとに必要経費として参加費を徴収する形をとっています。会員数は250名(2020年4月時点)で、その内訳は日本語学校に所属する非常勤講師、専任講師の順で高くなっています。

日本語教師センターは「日本語教師間の交流」、「日本語教師としての研鑽」、「日本語教師の地位の向上」を目標に掲げ活動をしています。主な活動は研究会やセミナーの開催です。日本語教師の地位向上を達成するためには、行政等の仕組みに頼るのではなく、日本語教師自らの価値を高めていく必要があるという考えのもとに、「研鑽」をベースにした活動が主となっています。

日本語教師センターHP https://www.n-k-c.info/