日本語学校法令・政策

自己点検評価の公表状況【2/2】

前回の記事の続きです。
「前回の記事→ https://teach.midream.ac.jp/2019/10/1146/

前回の記事のポイント
1.日本語教育機関は「自己点検評価」を毎年行うことが義務付けられている。
2.「自己点検評価」の結果は、HPなどで公開しなければならない。

今回はこの自己点検評価の公表状況を調査したので、その結果をお伝えします。

■調査日  2019.10.4
■調査内容 日本語教育機関のHP上に自己点検評価の結果が公表されているかどうか
■調査校数 50校(東京都30校、その他都道府県20校を無作為に選択)
■調査結果  結果を公表している           9校(18%)
結果を公表しているが、毎年行っていない 9校(18%)
結果を公表していない          31校(62%)
HPを持っていない            1校 (2%)

感想
 今回の結果は想定外でかなり驚きました。法務省が「毎年、自己点検評価をして結果を公表しなさい。しないなら、告示を取り消す」と言っているものに対し、対応していない日本語教育機関がここまであるとは思いませんでした。これは大問題だと思います。日本語教育機関叩きが好きなマスコミがかぎつけて、これを記事にされたら入国管理局も黙っていることができなくなるでしょう。そうなる前に、早く対応する学校が増えることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。