新型コロナウイルス日本語学校留学生

NAT-TEST、緊急事態宣言を受け中止に!

2020年2月7日(日)に予定されたいたNAT-TESTが中止になりました。HP上には書かれていませんが、受験者への案内では、今回受けられなかった分を次回(4/11)の試験に振り替えられるそうです。

NAT-TEST HP
http://www.nat-test.com/contents/cancelled_test_sites.html

NAT-TESTは、大学や専門学校などの受験に使われることは少ないので進学への影響は少ないと思われます。一方、日本語教育機関の告示基準で定められている「CEFR A2相当の試験への合格」には関わりがあります。

日本語教育機関の告示基準では、卒業後に国内の高等教育機関に進学しない学生については、「CEFR A2相当の試験への合格」を求めています。(詳細についてはこちらの過去記事をご参照ください。)今回のNAT-TESTは3月の卒業時期前に受けられる最後の試験であったため、影響を受ける日本語教育機関があるでしょう。また、日本語教育機関によっては「CEFR A2相当の試験への合格」を卒業の要件として求めているところもあります。その場合、今回のNAT-TESTの実施延期により卒業できなくなってしまう学生も出てきてしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。